ホワイトニング案内所

何度も繰り返したくない

ホワイトニングを繰り返さない

何度も繰り返したくない ホワイトニングをしたのにすぐにまた歯が黄ばんでしまったという場合、もう一度施術を受けなければならなくなるので面倒でしょう。
そこで、ホワイトニングを何度も受けたくない時に大切なこととしては、施術を受けた後の食事に気をつけるという方法があります。
飲食物の中には、カレーやコーヒーといった色の濃いものがあり歯に着色してしまう原因になるため、ホワイトニングを受けてから最低でも1~2日間はこれらの食べ物や飲み物を避けることが大切です。
歯に色が付いてしまう原因にはこれらの色の濃い飲食物を取ることやタバコを吸うことなどが挙げられるので、本当はずっと白い歯でいたいならそれらの習慣をやめる方が良いと言えます。
しかし、ずっと食べないという訳にもいかない人は色の濃い飲食物を取った直後に歯磨きをしたり、すぐに口をゆすいで歯に色が付かないようにケアをすると良いでしょう。
施術を受けた直後は特に歯に色が付きやすい状態になっているので、色の濃い飲食物を取らないようにしてホワイトニングを受けなおさなくても良いようにしましょう。

歯磨き粉でホワイトニングができる理由

歯磨き粉でホワイトニングができる理由 ホワイトニングを歯磨き粉で気軽に行えるようになってきた理由は成分にフッ素が用いられることが多くなってきたからで、歯の表面に付着する歯垢を除去する作用があるとともに、歯の表面の修復にも役立って汚れが付きにくい状態に変化させてくれるため、徐々に本来の色を取り戻すことも不可能ではありません。

汚れを落としてくれる成分には薬用ハイドロキシアパタイトもあって、フッ素と同様に歯の表面の汚れを取り除きながら修復させることが可能で、ホワイトニングが期待される成分の多くが研磨の役目とともに修復を行う期待が持てる成分となっていて、ピロリン酸ナトリウムやイオンクレンジングといったものからミネラルに天然アパタイトといったものまで歯磨き粉には配合されていることがあります。

注意しなければならないのは研磨剤が入っているホワイトニングに役立つ歯磨き粉を使いすぎると、歯の表面にあるエナメル質がなくなってしまい脆くなったり以前よりも汚れが付きやすくなってしまう場合もあるため、できるだけエナメル質を修復できる成分が一緒に配合になっているものを使うようにしましょう。