ホワイトニング案内所

日々のケアで頻度は変わる?

日々のケアで頻度は変わる

日々のケアで頻度は変わる 歯並びが良く真っ白な歯は、清潔で若々しい印象を与えます。
テレビに映る芸能人は、いち早くホワイトニングに取り組んでいましたが、現代では一般人の方にも広く浸透してきました。
最近では、デンタルサロンなどの進出により、簡単にホワイトニングを受けることが出来るようになりましたが、やはり歯科の方がホワイトニングの効果は高いです。
歯を白くする薬剤には効果の低いものから高いものまであります。
効果の高い薬剤は歯科医師や歯科衛生士の免許を持ったものしか扱うことが出来ないため、デンタルサロンなどでは限界があるとも言えます。
しかし、歯科やデンタルサロンでせっかくきれいにした歯も日々のケアを間違えると効果が短くなってしまいます。
歯は固いものですが、力を入れて磨きすぎるとやはりキズが付いてしまいます。
その状態で色の濃い食物や飲み物をとると、キズに色素が入り込んでしまいますので、柔らかい歯ブラシで力を入れすぎずに磨くことがポイントです。
これにより白い歯を少しでも長く保つことができます。

ケアだけでホワイトニングが足らない人の特徴

ケアだけでホワイトニングが足らない人の特徴 せっかくホワイトニングのケアをしても、中々効果が得られない人は案外少なくないかもしれませんね。
ケアだけでホワイトニングが足らない人は、歯の状況が芳しくないことが考えられます。
神経が死んだことで歯が変色している人や加齢による変色、詰め物等で変色している人は、ケアだけでは不十分になります。
歯の神経が死んでしまうと歯の色がグレーになるので、ホワイトニングで色を戻すことはできません。
老化による歯の変色は、歯の内部まで全体的に変色するので、歯の表面に対してしか効果が期待できないホワイトニングでは歯を白くさせるのは難しいです。
虫歯の治療で銀や金などの材質の詰め物や被せ物をした歯は、材質の色が歯に付着して変色させてしまう恐れがあります。
銀や金などの材質は着色力がとても強いので漂白し切れないケースが多く、結果的にケアだけでは足らない人、ということになってしまいます。
使っている商品そのものに問題があるケースも多く、過酸化系を配合していないタイプを使用すると、思った以上に歯が白くならないことが多いです。
歯を白くするには、歯に付着した汚れを漂白することができる過酸化水素や過酸化尿素などが含まれている商品を使用する必要があります。